グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 病院紹介 > 病院概要 > 沿革

沿革


昭和23年8月 稲沢町国民健康組合「稲沢病院」として開設
内科、外科の2科病床数24床
昭和23年10月 眼科、耳鼻科の2科開設
昭和25年2月 一般病棟(旧ろ号病棟)58床増床
昭和26年4月 産婦人科開設
昭和26年8月 稲沢市外九ヶ町村組合伝染病隔離病舎併設(病床数112床)
昭和28年6月 給食棟新築患者給食開始
昭和28年8月 基準給食開始
昭和29年4月 結核病棟(52床)、診療棟鉄筋2階建完成(病床数159床)
昭和30年2月 ボイラー棟完成
昭和33年11月 市施行により「稲沢市民病院」と名称を変更
昭和33年12月 小児科開設
昭和36年2月 現1病棟(旧い号病棟)鉄筋4階建134床完成(病床数268床)
昭和38年4月 看護寄宿舎完成(36人収容)
県医師会による交通災害救急指定病院指定
昭和39年4月 九州より准看護婦生徒採用要請を開始
昭和39年12月 医師公舎鉄筋3階建完成6戸
昭和40年8月 シンチスキャナー装置その他検査機器導入
昭和43年1月 医療法に基づく総合病院認可
昭和43年5月 給食棟鉄筋2階建完成
昭和43年10月 看護婦寄宿舎鉄筋4階建増築完成29人入居
昭和44年4月 県下3番目として人工腎臓装置を設置
高卒准看護婦生徒採用開始(5名)
昭和44年6月 新診療棟鉄筋3階建完成
歯科開設
レントゲンテレビ導入
昭和44年8月 皮膚科、整形外科診療開設
リハビリテーションセンター完成
旧診療棟の病棟改造44床完成(病床数305床)
昭和44年9月 人工透析開始(4床)
昭和48年4月 名古屋医師会准看護婦学校の実習病院となる。
昭和49年7月 稲沢伝染病隔離病舎組合解散
昭和49年9月 現3病棟(旧は号病棟)鉄筋4階建完成(病床数374床)
昭和50年8月 RI・手術棟完成
昭和50年11月 放射線科にガンマーカメラ導入
昭和53年3月 看護寄宿舎、医師公舎増築
昭和53年8月 CT導入
昭和53年11月 超音波診断装置、全身用X線CT導入
昭和56年4月 現2病棟(旧ろ号病棟)、RI管理棟等増改築完成(病床数416床)
検査科に全自動血液ガス分析装置導入
昭和57年4月 愛知県医師会准看護婦学校の実習病院となる。
昭和58年2月 透析に単身用三液混合透析装置2台導入
昭和60年3月 水処理施設整備
昭和62年2月 透析に個人用透析装置導入(15床)
昭和62年3月 新給食棟完成
昭和62年7月 組織変更により透析療法部を設置
昭和63年7月 現1病棟(旧い号病棟)増築完成
昭和63年9月 RI棟、血管連続撮影室増築完成
昭和63年11月 夜間透析開始放射線科に血管連続撮影装置導入
平成元年9月 放射線科に明室化システム導入
平成2年1月 検査科に多目的自動血球分析装置導入
平成2年2月 現1病棟(旧い号病棟)改築完成
平成2年7月 透析装置18床に増床
平成2年9月 内視鏡室に電子内視鏡導入
平成3年3月 救急室完成
平成3年6月 脳神経外科開設
平成3年12月 MRI(磁気共鳴コンピューター断層装置)室完成
平成4年2月 MRI(磁気共鳴コンピューター断層装置)導入
平成4年10月 泌尿器科開設
平成5年2月 オーダリングシステム(第1次ステップ)カルテ自動検索装置、再来患者自動受付機の導入、再来患者予約システムの導入
平成6年10月 オーダリングシステム(第2次ステップ)
外来処方オーダーシステムの導入
平成8年3月 オーダリングシステム(第3次ステップ)
病棟移動給食・注射処方オーダーシステムの導入
平成8年9月 外来者専用駐車場の有料化
平成8年12月 オーダリングシステム(第4次ステップ)
検査・外来注射オーダーシステムの導入
平成9年4月 麻酔科開設透析療法部を廃止し、血液浄化センターを設置
理学療法科をリハビリテーション科へ名称変更
平成10年1月 高速CTを導入
結核病床20床に変更
平成11年9月 放射線科に超音波診断装置を導入
平成11年10月 臨床検査科に多項目自動血球測定装置を導入
平成11年11月 病院内禁煙化
平成12年4月 歯科を歯科口腔外科に名称変更
平成13年3月 新オーダリングシステム稼動
平成15年7月 結核病床(20床)廃止病床区分変更(一般392床)
平成16年4月 夜間透析中止
平成16年7月 産科診療中止
平成16年10月 院外処方開始
平成17年10月 救急室拡充
平成18年4月 病院建設対策室の設置
平成18年11月 X線CT(マルチスライス)、TV装置導入
平成19年1月 病院敷地内禁煙を開始
携帯電話の一部使用可能に変更
平成19年3月 透析業務中止
平成19年4月 医療安全管理室の設置
平成21年4月 地域医療連携室の設置
平成22年4月 病院建設室の設置
平成22年4月 地方公営企業法全部適用の開始
平成22年7月 感染対策室の設置
平成23年3月 PACS(画像保存通信システム)の導入
新オーダーリングシステム稼動
平成24年6月 日本医療機能評価機構、病院機能評価Ver6.0の認定
平成25年9月 電子カルテの導入
平成26年4月 DPC(包括払い方式)の導入
平成26年11月 新病院へ移転
平成28年3月 5階南病棟(46床)を地域包括ケア病棟に機能変更
平成28年4月 4階南病棟(46床)を一般病棟として開床
平成31年4月 老年内科開設