グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 整形外科

整形外科


整形外科の診療体制について

整形外科診療科案内

整形外科では一般的に、上肢下肢の骨・関節・靱帯・筋肉・腱等の運動器疾患、肩こりや腰痛などの脊椎・脊髄疾患、スポーツ障害、関節リウマチ、骨・軟部の腫瘍、骨粗鬆症などの骨代謝疾患、先天性小児整形外科疾患等の治療をおこないます。(首から下の)骨折・脱臼・捻挫・打撲等の外傷、加齢に伴う膝関節痛、いわゆる五十肩などが多くみられます。ただし当院では、頚部痛や腰痛のほか脊椎由来の上下肢痛・しびれ等の症状に対しては脳神経外科が治療にあたっており、骨粗鬆症も内分泌科医による専門外来があります。また顎関節は口腔外科、頭部外傷は脳神経外科、血管系も血管外科等他の領域となります。

整形外科受診を希望される方へ

当科では前記疾患に対して投薬や注射、装具療法等の保存的治療や手術的治療をおこないます。またリハビリテーションは主に入院手術後の方が対象となり、外来通院でのリハビリテーション治療はおこなっていません。
外来診療は予約の方、入院や手術が必要な方を優先に診ております。最近は受診者数も増加し予約外の方は待ち時間が大変長く(2~3時間)なっており、緊急でない方は診察予約をされるようにお勧めいたします。緊急の方も予約外での受診は可能ですので、痛みの強い方や出血等外傷の方は受付時にお申し出下さい。また他の病院で治療歴がある方は(同じレントゲン検査等をしなくて済むため)前医からの紹介状やレントゲン画像等を必ずお持ちください。投薬や注射が主体の方は近隣の医院やクリニックへ紹介させていただくことが多くなると思いますがご理解の程よろしくお願いいたします。
毎日2名の医師での診察ですが、火曜日(リウマチ専門)、木曜日、金曜日(手外科専門)は1診が大学等からの代務の医師になり、曜日により担当が異なりますのでご注意ください。施設規模的にすべての治療を当科にておこなうことはできませんので、その際は名古屋大学整形外科の関連病院である専門病院に紹介させていただきます。

医院、クリニック、病院等医療関係者の方へ

当科への紹介の方がみえましたら、直接病診連携もしくは(外来受付時間内なら)整形外科外来へご連絡ください。時間外では手術等で緊急対応できない場合や受け入れ困難な場合もありますので、必ずご連絡してくださるようお願い致します。また受診の際には診療情報提供やレントゲン画像等の貸し出し(CD-R)をお願いしたく思います。
なお当院では脊椎関連疾患は脳神経外科が診療にあたります。また原則外来通院でのリハビリテーションはおこなっておりませんのでご了承ください。

医師紹介

須田 光

役職・卒業年 副院長(部長)
(昭和60年卒)
認定資格・所属学会等
  • 医学博士
  • 難病指定医
  • 身体障害者福祉法に規定する指定医
  • 日本専門医機構整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定整形外科指導医
  • 日本整形外科学会スポーツ医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター

小野田 亮介

役職・卒業年 医師(平成21年卒)
認定資格・所属学会等
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本足の外科学会