グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 婦人科

婦人科


婦人科の特色

女性の一生に起こる様々な身体の悩みについて、検査や治療を行います。
受診されるきっかけの症状としては、不正性器出血、帯下(おりもの)、下腹部痛、外陰部の痛み・かゆみ、月経不順、月経前・月経中に起きる色々な症状、などがあります。
治療を要する病気なのか、そうではないのかを確かめるのが最も大切ですので、気になる症状があれば早めに婦人科外来を受診しましょう。

子宮がん検診

細胞や組織の採取、エコー検査などを行い、子宮頸がん(入口にできる)、子宮体がん(奥の方にできる)、卵巣がんなどのスクリーニング検査を行います。結果により、必要に応じてHPV(ヒトパピローマウィルス)検査、コルポスコープ検査(子宮の入口を詳細に調べる)、病理組織検査を行います。さらに必要な場合は、子宮の入口の円錐切除術を行います。診断の結果、大きな手術が必要となる可能性が考えられる場合は、名古屋大学医学部附属病院をはじめとする高次医療機関へ御紹介させていただいています。

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍など

月経困難(生理中の強い痛み)、月経過多(生理の出血が多量・血のかたまりが出る)、出血が長引くなどの症状があれば、エコー検査、血液検査、画像検査(CT・MRI)などを行い、診断・治療いたします。

月経に関連する症状

生理が遅れやすい、出血が不規則、月経前症候群(生理の前の腹痛・頭痛・めまい・イライラ)に対して必要な検査を行い、内服薬、外用薬、注射薬などによる治療を行っています。

性感染症

性行為により感染する病気には、クラミジア感染症、淋菌感染症、梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、腟カンジダ症、腟トリコモナス症など色々な病気があります。それぞれ検査法・治療法は違うので、適切な方法を選ばなくてはなりません。とくにクラミジアなどは、治療しないでおくと骨盤内炎症が進行することにより、不妊(妊娠しにくくなる)となる危険性もあるので、早期発見・早期治療が大切です。

更年期

閉経する年齢の前後に起こるホットフラッシュ(のぼせ)、発汗、冷え症、イライラなどでお悩みの方は御相談ください。ホルモン補充療法、漢方薬、自律神経の乱れを治す薬などを用いた治療を行います。

骨盤臓器脱

骨盤底の筋肉が緩んで子宮や膀胱が下がると、排尿や排便に支障をきたします。軽症の場合は骨盤底筋トレーニング、ペッサリー(丸いリング)の挿入を行います。重症の場合は手術を要することもありますので、名古屋第一赤十字病院をはじめとする高次医療機関へ御紹介させていただいています。

避妊について

低用量経口避妊薬(ピル)、IUS(子宮内に入れるリング)などの方法があります。
ピルは2種類のホルモンを配合した錠剤を毎日服用します。避妊効果が高く、副作用も少ないのが特長です。喫煙している人や40歳以上の人では副作用の発現率が高くなるので、積極的には勧められません。
IUS は、レボノルゲストレル放出子宮内システム(リング)を子宮腔内に装着する方法です。子宮筋腫などで子宮腔が変形している人には勧められません。
産科は休診中のため、妊婦健診や分娩は扱っていません。分娩に対応している病院・クリニックを受診されるよう、お願い申し上げます。

HPVワクチン接種

・ガーダシル接種について
子宮頸がんの原因となるHPV感染の予防として、令和4年4月から3年間「キャッチアップ接種」を実施します。「キャッチアップ接種」では従来の定期接種の対象年齢を超えてHPVワクチン(ガーダシル)を公費で接種することができます。

【対象】
・過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性

【接種料金】
無料
※上記対象以外の方は1回15,500円(税込)

【予約方法】
婦人科窓口もしくは電話にて予約(平日13時~16時)が可能です。
ご希望の方は予約して(病院代表Tel:0587-32-2111)当日受診してください。
※ワクチンの在庫状況によっては、数日お待ちいただくこともあります。

【接種日】
月曜日~木曜日
当日は8時~11時30分に総合受付にお越しください。

厚生労働省ホームページ
ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/hpv_catch-up-vaccination.html

接種に関する案内パンフレット
キャッチアップ接種リーフレット[PDF:1,323KB]
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000918718.pdf

・シルガード9接種について
シルガード9は9価HPVワクチンと呼ばれ、子宮頸がんの88.2%の原因とされる9種のHPVに対して感染を予防します。

【対象】
15歳以上の女性

【接種料金】
1回25,600円(税込)を3回接種
※公費の対象外です

【予約方法】
婦人科窓口もしくは電話にて予約(平日13時~16時)が可能です。
ご希望の方は予約して(病院代表Tel:0587-32-2111)当日受診してください。
※ワクチンの在庫状況によっては、数日お待ちいただくこともあります。

【接種日】
月曜日~木曜日
当日は8時~11時30分に総合受付にお越しください。

厚生労働省ホームページ
9価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(シルガード9)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/hpv_9-valentHPVvaccine.html

医師紹介

松本 祐人

役職・卒業年 部長
認定資格・所属学会等
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本性感染症学会 認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 母体保護法指定医

所属学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本臨床微生物学会