グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 消化器内科

消化器内科


上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(小腸・大腸)、肝臓、胆道(胆管・胆嚢)膵臓の疾患の診断と治療を行っています。

上部消化管(食道・異・十二指腸)

胃癌、食道癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、逆流性食道炎が主な疾患です。胃カメラの普及で、早期に見つかれば癌も内視鏡で切除できるようになりました。また、ヘリコバクター・ピロリ菌が潰瘍、癌などに関与していると言われています。胃カメラや血液検査、呼気テストなどでピロリ菌感染の有無を調べることができ、陽性であれば除菌治療を行っています。

下部消化管(小腸・大腸)

大腸癌や大腸ポリープ、炎症性腸疾患、腸炎などが主な疾患です。近年、食生活の変化により大腸癌や炎症性腸疾患の罹患率が上昇してきています。当院では大腸カメラやカプセル内視鏡を用いて積極的に診断、治療に取り組んでいます。大腸癌でも早期の病変であれば、内視鏡的に切除が可能です。

また、当院では小腸・大腸ともカプセル内視鏡による検査が可能です。胃カメラや大腸カメラでは届かない小腸は、カプセル内視鏡を用いることで詳細に観察することができます。大腸カプセル内視鏡は、大腸カメラと違い痛くない検査です。当院では積極的に取り組んでいますので、お気軽にご相談ください。

肝臓

慢性肝炎、肝硬変、肝癌が主な疾患です。慢性肝炎のうちB型肝炎、C型肝炎は治療の進歩により飲み薬で治療ができるようになりました。ウイルスの排除率も上がっていますので、未治療の方はもちろん、以前インターフェロン治療が効かなかった方はぜひご相談ください。

胆道(胆管・胆嚢)、膵臓

胆石、胆嚢炎、膵炎、膵癌が主な疾患です。胆石が動いて総胆管に移動した場合は内視鏡を使って石を除去することができます。当院では外科との連携を生かして、腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術も積極的に行っています。膵疾患についてはMRIや内視鏡による造影検査、超音波内視鏡検査などを用いて総合的に診断、治療を行っています。

医師紹介

坂田 豊博

役職・卒業年 部長(平成5年卒)
認定資格・所属学会等
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床研修指導医

名倉 明日香

役職・卒業年 医長(平成18年卒)
認定資格・所属学会等
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本カプセル内視鏡学会認定医

所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本カプセル内視鏡学会
  • 日本消化管学会

小川 和昭

役職・卒業年 医師 (平成19年卒)
認定資格・所属学会等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医

所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器がん検診学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本静脈経腸栄養学会

鈴木 孝弘

役職・卒業年 医師