グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護局 > 看護師インタビュー

看護師インタビュー


3年目インタビュー

稲沢市民病院に新卒採用として、入職した同期の看護師2名にインタビューをしました。緊張しながら働いていた新人時代から3年経過した今のキモチを聞いてみました。

稲沢市民病院に就職してよかったことはなんですか?

インタビューを受ける3年目看護師2名写真

Hさん スタッフ間の仲がよく、自分の意見や話を聞いてくれる。意見が通りやすい雰囲気があります。


Oさん 学生時代に色々、研修病院を回りましたが、稲沢市民病院が一番キレイでした。環境面では、恵まれています。

病棟内を患者さんと散歩する時に、ガラス張で景色が一望できるので、患者さんが家があの辺、という会話から稲沢の話題でコミュニケーションが広がるのが楽しいです。患者さんも気分転換になるので環境面が良いのは、患者さんにとっても良いことだと思います。

同期の雰囲気はどうですか?

Hさん 同期は仲が良いです。車なのでお酒が飲めないので同期で近くの回転ずしに行ったりします。夜勤明けで先輩も一緒に近くのカフェに行ったりもします。



Oさん 同期も稲沢や近隣の市なので地元ネタで盛り上がったりします。この辺りだと紫陽花祭りとかで紫陽花もキレイです。

お寿司とカフェのイラスト

看護方式はどうですか?

Hさん 入職時に私は、PNS 導入したばかりで、他のチームはまだ導入していない時期で、私は、分からない事や相談に直ぐに乗ってもらえて、1から覚えられたので一人じゃない安心感がありました。


Oさん 自分が分からないことを直ぐに聞ける雰囲気なので、業務が重なってもコミュニケーションを取りながら、優先順位を先輩と一緒に決めています。

ベテランナースインタビュー

稲沢市民病院のナース歴30年近いベテラン看護師2名にインタビューをしました。中堅ナースのスタッフに対しての気持ちなどお話を聞いてみました。

ベテランナースの写真

スタッフとの関りで意識していることはなんですか?

Cさん 働きやすい環境作りをするよう、日々心がけています。

もし、職場の雰囲気がギスギスしていたらコミュニケーションエラーにより、本来防げたかもしれないミスをスタッフにさせるかもしれません。そういったことをなくしてほしいので、日々スタッフ一人一人に声をかけています。

そこで、毎日必ず続けていることがあります。朝と帰りの挨拶は、一人一人の顔を見て全員におはよう、お疲れ様と言っています。そうすることによってそれぞれのスタッフの表情を見ることが出来ます。

稲沢市民病院の男子会って何ですか?

男子会イメージ画像

Aさん ありますよ。もちろん、他の病院にも男性看護師が集う「男子会」があることは、知っています。

稲沢市民病院の「男子会」の特徴は、男同士にか分かり合えない本音を言い合う集いです。男同士なので付かず離れず、程よい距離感を保っています。集いの場所の一つは、居酒屋でお酒は飲まないんですが、雰囲気で盛り上がっています。他には"ガッツリ"焼肉屋に食べに行ったり、ガヤガヤとしたことろで男子会を開催しています。

他職種の男性スタッフとの交流は、ジムで理学療法士さんとカラダに関するメンテナンスの話やスタッフの健康管理についての話などを通じて、交流を図っています。
Cさんは、当院の広報担当で内視鏡のポスターを作成しました。ぜひ、チェックしてみてください。

https://www.inazawa-hospital.jp/departments/digestive-organs/endoscope/

インタビューを受けた2人へのお礼。

看護局TOPページ