グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部 > 人材育成

人材育成


現任教育計画

教育理念

個々の看護師が自己のライフサイクルの中で、計画的にキャリア開発していくことができるよう教育・研修の機会を作り支援する。

教育方針

  1. 教育の体系化を図り、個々のキャリア開発に努める。
  2. 市民の期待にこたえる役割遂行が可能な専門別研修を充実する。
  3. 新病院の看護に対応できるよう研修は柔軟に企画する。
  4. 病院の人財となる看護職を育成する。

教育目標

  1. 看護に必要な知識・技術・態度を広く学び看護実践に活かすことができる。
  2. 専門職としての感性を磨き、倫理的意思決定ができる。
  3. 専門職としての安全な医療・看護の提供ができる。
  4. 看護専門職としての判断力・指導力・調整力を養い、チーム医療を推進していく。
  5. 臨床に必要な知識・技術・態度を身につけ、教育・研究活動ができる。

学習段階設定:クリニカルラダー

レベルI
指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。指導を受ける事により自己の学習課題を見つけることができる。

レベルII
看護実践の場面において単独で看護を提供できる。チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。

レベルIII
高度な看護活動を展開でき、かつ他者にモデルを示すことができる。自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。

レベルIV
論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる。
クリニカル・ラダー表

看護部キャリア開発ラダー

クリニカルラダーをラダーツリーとして概念の可視化を図っています。

看護における知識開発のプロセス

看護師は基礎教育の中で学問の一部を学び、学んだ知識をもとにして実践の中で学び続けます。臨床における経験を知識に変換し、豊かさ、深さそして意味を加味します。暖かく、感性豊かな看護師の育成を目指します。

年間教育計画

看護者は、看護職の免許によって看護実践の権限を与えられたものである。看護の実践について専門職として引き受ける範囲を社会に対して明示した、日本看護協会の倫理綱領第8条

「看護者は、常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める」(看護者の倫理綱領:2003年日本看護協会)
(略)…看護者は、自施設の現任教育のプログラムの他に、都道府県看護協会が開催する研修、専門分野の学会・研究会、及び各種研修などの継続教育機会を積極的に活用し、専門職業人としての自己研鑚に努める。

に準拠し、自施設の現任教育プログラムを策定し、自己研鑚の機会を提供するものである。

年間の教育計画は、
  • 基礎研修
  • 専門研修
  • 管理者研修
  • トピックス
学習段階設定別にそれぞれのコースに分かれています。
個々の看護者の学びの欲求にこたえるよう、研修計画は多彩です。
それぞれのラダーや学びのペースに合わせた研修の選択が可能になっています。

一緒に看護の夢を描きましょう!!
ラダーIIIからは、将来あるべき自分の姿を描きます。
ママさん看護師ですか?
エキスパートとしてバリバリ活躍するキャリアを夢見ますか?

患者さんそれぞれに個性があり人生があるように、スタッフ一人一人の人生を大切に、それぞれの看護職としての自己実現をサポートしたいと思っています。

新人ナースの一年

稲沢市民病院で働く新人ナースの一年をご紹介いたします。

過去の3年間の新人看護師の出身校紹介

4月は出逢いの季節です。今年も多くの新入職員が入職しました。
【愛知県】
豊橋創造大学看護学部、椙山女学園大学看護学部、愛知きわみ看護短期大学、愛知県立総合看護専門学校、まつかげ看護専門学校、一宮市立中央看護専門学校、 津島市立看護専門学校、岡崎市立看護専門学校、弥富看護学校

【岐阜県】
大垣女子短期大学看護学部、岐阜県立衛生専門学校、岐阜市医師会看護学校、大垣市医師会看護専門学校

【三重県】
三重大学医学部看護学科、四日市看護医療大学、四日市医師会看護専門学校

3年連続 新人看護師離職率 0%の理由は?

  1. 教育計画でしっかりサポートされている。
  2. 20名ほどの新人は顔が見える仲間です。
  3. 先輩たちが1人1人を大切にしてくれる。
  4. ワークライフバランスに参加し働きやすい職場である。
  5. DiNQLにも参加し、看護の質を高めている。
  6. 市民病院だから、福利厚生もしっかりサポートされている。

5月には夜勤体験研修

夏から秋にかけて母校訪問をします。懐かしい恩師に再会し会話も弾みます。

認定看護管理者

志舩幸恵(看護副部長)
吉川雅巳(看護副部長)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。