グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護局 > 病棟紹介

病棟紹介


外来

朝の顔外来。

外来には、1日平均500人の患者さんが来院されます。各診療科では、患者さんが、必要な医療や看護、より良いサービスを受けられるよう、多職種と連携を図りながら対応しています。また、病棟スタッフやコメディカルとも連携しながら継続看護にも力を入れています。中央処置室では、点滴や様々な処置を、安全で安心して受けていただけるよう経験豊富な看護師が対応しています。また、検診センターでは、がん検診や要精検者の受診者増加に向けた取り組みや生活習慣病の予防ヘの指導などの支援を行っています。外来では、様々な職種のスタッフが勤務していますが、ひとりひとりが「病院の顔」としての自覚を持ち、患者さんやその家族が安心して診療を受けていただけるよう思いやりを持った対応に努めています。

6南病棟

内科といっても様々な病気がありますが、私たちが支えます。

6南病棟は、内科全般の患者さんの入院受け入れをしています。主に心筋梗塞・狭心症・心不全などに代表される循環器、胃がんや大腸がん、肝硬変などの消化器、糖尿病などの内分泌があります。全体的にご高齢の患者さんが多いため、誤嚥性肺炎を繰り返す方も多くみえます。内科は、様々な病気を抱えてみえる患者さんを総合的に観察する能力が必要となります。そのためには、より安全・安楽な看護の提供のために日々の勉強が必要不可欠となってきます。また、病気だけをみるのではなく患者さんの回復後の生活に向け、医師、看護師、MSW、栄養士、理学療法士など多職種でチームワークを取りながら、病状によって食事がうまく取れない、体力が落ちている、高齢者世帯で介護が必要、元の生活の場所に戻れないなどの問題に入院時から退院を見据えた関わりを積極的に行っています。

病棟写真

専門性を高めるとともにより安心、安全の上に質の高い看護を目指して

手術室・アンギオ室

昨年度1531件の手術と192件アンギオ室(PCI・アブレーション・BKPなど)と4219件の内視鏡を実施しています。当院は、日本脊髄外科学会認定施設の一つとなり、O-armナビゲーションを用いて高度な手術治療の提供を行っています。内視鏡センターでは、内視鏡技師学会認定の技師資格を持つ看護師も在籍しており、看護スタッフの指導を行っています。手術・治療・検査を受けられる患者さんの不安や恐怖心など様々な思いを抱かれるでしょう。その中で関わる看護師としての役割・責任を自覚し患者さんの心理をしっかりと理解した上で看護の提供が行われるように心がけています。専門性を高め、安心・安全で質の高い看護、信頼される看護を目指します。

手術室看護師の写真

内視鏡看護師の写真

5北病棟

患者さんへ安全と安心を提供できる看護を目指しています

当病棟は、地域包括ケア病棟です。一般病棟(急性期)では、治療が終了したら退院となります。すぐに在宅や施設へ移行することが不安のある患者さんやご家族に対し、在宅復帰を目指して医療・看護・介護の支援をして行く病棟です。骨折や認知症患者患者さんなど疾患や状態は様々ですが、その人が持っている力を引き出し、その人らしく地域で過ごせるように、主治医、看護師・認定看護師・専従のりハビリステーションスタッフ・管理栄養士・医療相談員など様々な職種で相談し準備をしています。また、在宅療養をされている患者さんのご家族の支援を目的としたレスパイト入院を受け入れています。そして、介護福祉士の資格を持つ看護補助者、グローバルな看護補助者と協力して入院生活を支援しています。

4西病棟の写真

寄り添う、支える、看護を4南病棟は目指しています。

当病棟は、整形外科・脳外科の混合病棟です。整形外科においては四肢の骨折に対応し、脳神経外科では、脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患の手術が多く行われています。痛みを抱えながら、日常生活動作の制限がある方が多いため、疼痛コントロールを行いながら、日常生活への援助を行っています。また、早期からリハビリと連携し、ADLの維持・低下の予防に努めるようにしています。入院時より退院後どのように過ごしていただくか患者さんやご家族の意向を確認しながら、多職種でカンファレンスを行い、退院後の生活について患者さん・家族と考えます。

高度治療室

治療が円滑に進み、早く回復に向かうような看護に取り組んでいます

救急外来は、救急処置が必要な患者さんに対して診療・処置・ケアなどの行為を行っています。HCUは、緊急入院・重篤な看護・手術直後の患者さんの治療・看護をしています。その分、看護のスキルアップができる部署です。医師や多職種との連携を図り、治療が円滑に進み早く回復に向かうように取り組んでいます。患者さんやご家族に目を向け、温かな心で気持ちに寄り添い、思いやりのある声がけと柔軟な対応を心がけています。

看護局TOPページ