グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部 > リソースナース

リソースナース


質の高い医療と看護を提供するために
日本看護協会の定める様々な分野の認定看護師が活動しています。

がん性疼痛看護認定看護師/堀部恭子

「せめて痛みだけはとって欲しい」

入職2年目の外科病棟で、あるがん患者さんのご家族から伝えられた言葉です。患者さんの苦しんでいる姿を見て藁にもすがる思いで訴えておられたのを今でも覚えています。
痛みは患者さんの残された時間を奪います。あるいはがんと戦う意欲を削いでいきます。
緩和ケアを受ける患者さんは体と心の痛みを抱えている場合がほとんどで、医療スタッフで協力していかなければ到底立ち向かえないものだと思いました。
当時院内に緩和ケアチームがなかったので、チームを立ち上げて患者さんの痛みを和らげたいと考えたのが資格取得のきっかけです。

今では緩和ケアチームの回診を週に一度行い多職種で緩和ケアの検討をしています。
コンサルテーション型のチームなので主治医と連携をとり患者さんのケアに携わっています。
病棟ではがんの痛みについてディスカッションする時間を意図的に取り、質の高いケアを提供できるよう実践を通して一緒に取り組むように心がけています。
稲沢市民病院には緩和ケア病棟はありませんが、治療を受けてきた環境で最後まで患者さんが「生ききる」ことが出来るようにサポートしたいと考えています。

堀部恭子

皮膚・排泄ケア認定看護師/黒木さつき

褥瘡を有する患者さんやストーマを持つ患者さん、排泄障害を持つ患者さんなど、入院中から退院後の在宅でのケアも継続的に支援しています。

また、ご家族への支援も行っています。患者さんやご家族の方が日常生活に不安を感じることなく過ごせるよう、身近な相談窓口となりサポートできたらと思います。

摂食・嚥下障害看護認定看護師/加藤恵子・川村聡美

「ひとりでも多くの方の笑顔がみたくて」

口から食べるということにこだわり、機能が低下している部位を特定しいかに代償方法を用いて食べられるようにするか。いつもそのことを考えながら患者様に向き合っています。
また、院内だけでなく退院後も継続ができるように地域の病院・施設の方たちと手を取り合いながら、口腔ケアをはじめ、より安全に摂食できるポイントなどを研修を通しながら質の向上を目指しております。
患者様を取り巻く多くの職種の方たちと連携し合い、その患者様が不安なくよりよい生活が送れるように支援しています。
何かお困りなことがございましたら、ご相談ください。

加藤恵子

糖尿病看護認定看護師/長縄真奈美

専門外来では、糖尿病をもつ人の足病変予防のためのフットケアや、よい血糖コントロールのために食事・運動・薬物療法をその人の生活に合わせる(血糖パターンマネジメント)などの療養支援をしています。

糖尿病をもちながらも、その人がその人らしく生活していくために、どのような生活を送るかを、一緒に考え、サポートします。

救急看護認定看護師/丹村真由美

当院は二次救急医療施設として、入院が必要な方の救急を行っています。
私は救急看護認定看護師として、救急医療現場において、あらゆる状況下でも患者さんに応じた迅速で的確な救命技術や救急看護技術を提供できるよう、実践・教育・相談を行っています。

病院に勤務している全職員が質の高いBLS(一次救命処置)ができるよう、院内BLSチームを結成し、活動しています。
院内トリアージ(軽症患者さんに紛れた緊急度の高い患者さんを見つけ、早く治療が開始されるようにする)を行うトリアージ看護師の能力の向上を目指し、医師を交えての事後検証会や勉強会を実施しています。

救急看護でお困りのことがありましたら、地域の医療従事者の皆様もお気軽にご相談下さい。

感染管理認定看護師/住田 千鶴子・酒井 りえ

感染管理は病院内の患者さんやご家族、職員のみではなく、医療施設に携わる全ての方を感染から守る役割を担っています。質の高い感染対策を目指し、療養環境や職場環境の整備に取り組んでいます。
また、皆さまによりよい環境を提供するために、感染対策チームを中心に様々な職種と協同し、病院内に限らず地域の感染防止に関わる活動にも携わっています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師/島田敦子

脳卒中を発症した方は何らかの障害を持ち、介護度も高い状態で生活する方が多いと思います。
日常生活動作の再獲得のためのリハビリテーションや再発予防を中心に取り組んでいます。

緩和ケア認定看護師/岩田一恵

緩和ケアを必要とする患者さんとそのご家族は、身体的な痛みだけでなく、社会的・精神的などあらゆる苦悩を抱えます。
その苦悩に向き合い、患者さん、ご家族の苦悩が少しでも癒され、その人らしい生活が過ごせるようチームで支援しています。

認知症看護認定看護師/田中三津枝

 認知症とは、いったん正常に発達した知的機能が、後天的な脳の器質的障害によって、持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたしている状態です。
 認知症看護認定看護師の役割は、専門的な知識や高度な看護技術を用いて、認知症者の意思を尊重し、権利を擁護すること。生活環境を調整すること、自己決定支援すること、家族を支援することなどがあります。病院医療スタッフへ認知症者への対応力や対応技術の向上支援を行ないます。
 また、認知症サポートチームにおいてはチームリーダーとして、認知症を有する患者さんに適切に対応するとともに、早期に抽出して症状の悪化を防ぎ身体疾患の治療を円滑に受けられるように介入しています。
「地域の皆様に親しまれ安心して治療を受けられる病院」「認知症の人やその家族が安心して暮らすことができる地域づくり」に取り組んでいます。