グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 採用情報 > 研修医 > 初期研修医 > 初期研修プログラム

初期研修プログラム


研修プログラムの概要

1.名称

稲沢市民病院研修プログラム

2.特色

①研修医個人の希望を最大限尊重できる柔軟性がある。
②プライマリケアを習得できるのみならず3年目以降の研修も視野に入れた初期研修である。
③経済的条件、生活環境、学会出張、文献検索など教育環境を重視する。

3.目標

①各科の基本的診療能力を習得する。
②救急、救急措置ができる。
③患者・家族と信頼関係を確立する。
④病診連携と地域医療機関に協力する。
⑤チーム医療の必要性を理解する。
⑥社会福祉事業を理解する。
⑦症例検討会、CPC、学会に参加する。

研修医の募集定員、採用方法等

1.募集定員

4名

2.募集方法

公募

3.応募期間

7月初旬~8月中旬

4.応募書類

履歴書、成績証明書、卒業見込証明書

5.選考方法

小論文、面接、書類審査

6.研修開始日

令和5年4月1日

研修医の処遇

1.賃金

1年目(月額) 500,000円(諸手当含む)
2年目(月額) 520,000円(諸手当含む)

2.手当

地域手当、期末手当(年2回)、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、夜間勤務手当、当直手当

3.身分

フルタイム会計年度任用職員

4.社会保険等

厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険

5.住宅補助

市内 家賃の2/3補助(上限7万円)
市外 上限28,000円

6.賠償責任保険

医師賠償責任保険(病院加入)

7.休暇

年次有給休暇、忌引休暇、特別休暇、夏季休暇など

8.施設

院内保育所の利用可

年次報告様式