グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部 > 看護部概要 > 部署紹介

部署紹介


3階南病棟(HCU)

部署の特徴

脳神経外科、循環器内科、消化器内科等の全科を対象に循環・呼吸管理や術後の管理、救急外来からの患者さんが入室されます。看護師として関わることは多岐に渡ります。忙しさと緊張感の中でも患者さんやご家族が安心して入院生活をおくることができるように関わりを持っています。

入職を検討している方へのメッセージ

術後・救命後等急性期の患者さんに関わることができ、幅広い領域で経験すること、学ぶこともたくさんあります。自分の努力した分だけ結果はついてきます。やりがいは絶対あると思います。

3階北病棟(整形外科及び糖尿病・内分泌内科)

部署の特徴

安全・安心な治療を受けて頂くための環境作りをチーム全体で取り組むとともに、整形外科看護では早期リハビリテーションや退院準備、内分泌内科看護ではライフスタイルに沿った療養行動実現に向けて患者さんと共に考えるなど、退院後を見据えた支援をしています。

入職を検討している方へのメッセージ

慢性疾患と共に生きる患者さんに寄り添う看護、周術期からリハビリテーション期までの急性期疾患看護、異なる二つの分野の経験を積むことだでき、やりがいがあります。患者さんの気持ちに寄り添う看護を大切にしています。

5階南病棟(地域包括ケア病棟)

部署の特徴

その人が持っている力を引き出し、その人らしく地域で暮らせるよう、リハビリテーション科や医療相談員とも連携をとりながら、患者さんが地域へ戻るための支援をしています。在宅復帰に向けて、グループでリハビリを行ったりして生活リズムを整えるような関わりをしています。

入職を検討している方へのメッセージ

患者さんやご家族との対話をとても大切にしています。
疾患を持ちながら地域に帰る患者さんの生活を一緒にサポートしていきましょう。

5階南病棟スタッフ写真

5階北病棟

部署の特徴

消化器の内科的治療の看護、治療後入退院を繰り返す患者さん、意思決定支援や終末期の看護まで幅広く関わることができる病棟です。患者さんを含めた多職種のカンファレンスが活発に行われており、チーム医療の醍醐味があります。

入職を検討している方へのメッセージ

多様性に富んでいて対応が柔軟、優しく、楽しく、患者さんに寄り添いながら日々の看護を楽しんで一緒に働きましょう。

6階南病棟

部署の特徴

アブレーション治療や超音波破砕術、全身麻酔による口腔外科手術など多彩な疾患と治療を提供し、心不全患者の日常生活指導にも力を入れています。患者さんが安心して入院生活を送ることができるような看護介入をしています。

入職を検討している方へのメッセージ

2014年からPNSを導入して、ペアでコミュニケーションを取りながら、看護師も安心して看護できる体制づくりに力をいれています。忙しい中でも常に笑顔で、何でも相談できる病棟です。

6階南病棟スタッフ写真

手術室・アンギオ室

部署の特徴

年間1,800件の手術と240件のPCI・アブレーションを実施しています。腹腔鏡を用いた手術をはじめ、日本脊髄外科学会認定施設41施設の1つとなり、O-armナビゲーションを用いて高度な手術治療の提供を行っています。安全な手術環境を提供するため、医師・麻酔科医・看護師・放射線技師・臨床工学技士など多職種の医療チームで協働し、術前・術中・術後のケアを提供できるように取り組んでいます。

入職を検討している方へのメッセージ

2018年度から手術室でもPNSを導入しました。
安全かつ安心して手術治療に臨めるように術前訪問を行い、手術を受けられる患者さんの願いや想いを尊重し、麻酔中であっても患者さんに寄り添う看護を大切にしています。経験豊富な看護師も新人看護師もお互い補完し合いながら、より質の高い手術室看護を提供しています。