グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 活動・取り組み > アドバンス・ケア・プラニング(ACP)について

アドバンス・ケア・プラニング(ACP)について


アドバンス・ケア・プラニング画像

縁起でもないかと思われるかもしれませんが、いま元気な方もいつ人生の終わりを迎えることになるかは分かりません。終末期のかたの70%が自身の望む医療やケアを受け入れられない状況であると言われています。あらかじめ終末期に受けたい治療やケアについて話し合うことを稲沢市民病院ではお勧めしています。

アドバンス・ケア・プランニングとは?

もしものときに備えてあなた自身が希望する医療やケアについて考えてみませんか?あなたの信頼する家族や医療者と一緒に、どこでどのような医療ケアを望むか、最期の過ごし方を話し合って共有していくことをアドバンス・ケア・プランニングと言います。

いつから始めればいいの?

誰もがいつ、もしものときを迎えるかは分かりません。そのために今のうちから大切な人や医療者とあなたの想いや希望を考えておき伝えることで、あなたが自分の意思を伝えたり、判断できない状況になった時にあなたや家族の負担が軽減されることもあります。

ACP図形

病院などの医療施設を受診したり、介護を受けている方は、担当している医師・看護師・薬剤師・リハビリ担当者・介護福祉士・ケアマネージャーにあなたの気持ちを伝えてみましょう。あらかじめ、もしもの時のことを一緒に考えてご家族と共有していくと、希望する医療やケアが受けられる助けになります。
厚生労働省では、11月30日を「人生会議の日」としてアドバンス・ケア・プランニングについて話し合いすることを推奨しています。

厚生労働省ページリンク

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)に法的な意味合いや拘束力はありません。健康状態や環境の変化、気持ちの変化によって何度でもいつでも書き直すことができます。何か疑問や不明な点がありましたら下記の連絡先へお知らせください。

ACP外来

平日9:00~17:00 電話0587-32-2111(代表)

ACP担当者

栗田 恭子、岩田 一恵